サラリーマン

細かい上司との付き合い方や対策!

どうも!こんにちはタナベです!!

今回は細かい上司との付き合い方

そしてその対策について書いて参りますね!

細かい人はこの世の中にたくさんいます。

仕事において細かいことは決して悪いことではありません。

ただ、上司が部下に対して細かくなると

部下はとても大変になりそうですね!

それではさっそく参りましょう!!

 

細かい上司とは?

まず、細かい上司とはいったいどんな上司なのでしょう?

  • 部下の行動を疑う!
  • 指示が多い・指示通りを好む!
  • 報連相の徹底!勝手に進める事を嫌う

部下の行動を疑う

まず部下の行動を疑うですが

これは、あまり部下を信用していないのか

上司の性格にもよりますが

全てを把握したがる傾向にありますね!

自分が知らない事はあってはならない!

勝手な事は絶対にさせないパターンですね!

 

思い切ってやってこい!ケツは俺が拭いてやる!!

の、真逆パターンです!

指示が細かい!

だから指示が多くなります。

事細かに指示を出してちゃんと

言った事をやっているか気になって仕方ない。

本当は全部自分でやりたい派ですね。

でもそれは不可能。

だから細かく指示を出して

自分が思うように動かしたいのでしょう。

報連相の徹底・勝手な行動を嫌う!

報連相の徹底は個人的には良い事だと思います。

しかし、スピードが必要な時は

許可なく判断せざる得ない時もあり

そんな時は、厄介ですね。

 

確かに上司に確認する事は大事ですが

多少なりとも自由にやらせて欲しいものです。

勝手な行動は極力嫌いますね。

 

スピード感が失われ、

チャンスをふいにする事もあるかもしれません。

細かい上司は2種類!付き合い方は?

細かい上司には2種類あると思います。

  • 自分にも細かく部下にも細かい
  • 自分に甘く部下には細かい

自分に細かく部下にも細かい上司・付き合い方

自分に細かく部下にも細かい上司の特徴は

  • 完璧主義者!
  • 几帳面!
  • 臆病・警戒心が強い!

本当は全部自分でやりたいところですが

それじゃ部下は育たない・・・・。

ジレンマの中、教えてくれるのですが

それが一つ一つがど丁寧。

ちょっとでも教えた通りに出来ていないとダメ出しが入ります。

いわゆる完璧主義者

そして相当な几帳面ですね。

仕事において几帳面である事はとても大事な事です。

でも、部下に対しても几帳面さを押し付けると

部下は毛嫌いしますよね。

ある程度幅を持たせないと

部下がつぶれてしまいます。

そして非常に臆病で警戒心が強いです。

 

部下の行動をしっかり把握したがるのもそのせいですね!

部下のミスにより自分がマイナスになる事を非常に恐れます。

自分に甘く部下に細かい上司・付き合い方

自分に対しては緩い感じ

ただ部下には厳しく、細かい!

尊敬はされない上司ですね。

 

厄介ですがツッコミどころは満載なので

手のひらで転がしましょう!

  • 他力本願的!
  • 要領が良い!
  • 警戒心が強い!
  • 自分に出来ない事を平気で部下に求める!

いわゆる他力本願タイプ

他人に厳しく自分に甘い人ですね。

でも、一歩引いてみると

この上司たいした事ないな~」って思うと

気が楽ですよ。

細かいところまで気が付く部下を好みますね!

でも自分と似ている部下は嫌います。

 

自分が出来ていない部分を持った部下は嫌う傾向がありますね!

だから、出来る出来る部下が揃ってしまう。

出来ない人は弾かれてしまう訳ですね。

細かい上司に対しての報連相対策!

上司との会話は常に

報連相ですよね!

それ以外は雑談ですから。

この報連相の仕方をしっかり身に付ければ

細かい上司でもそれほど苦になりませんよ!

  • 5W2Hをしっかり入れて報告!
  • 主体性を持つ・前向きな姿勢を見せる!
  • 上司に対して感謝の言葉を発する!

5W2Hをしっかり入れて報告!

5W2H よく耳にすると思いますが

これ非常に大事ですよ!

(5W/いつ・どこで・誰・何を・なぜ)

(2H/どうする【いくら・いくつ】)

報連相の時

これをしっかり入れていれば

上司は、最後に「分かった○○○・・・・」っと

自分の判断を言うだけになります。

 

しかし出来ていないと

お説教のオンパレード、報告の仕方から注意を受けますよ!

気を付けて下さいね。

逆に

細かい上司でも

そこさえしっかり出来ていれば

とやかく言ってこないでしょう。

だから

報告・連絡・相談の時は

5W2Hをしっかり入れてリハーサルしたから

取り組んでみて下さい!

主体性を持ち前向きな姿勢を見せる!

これはまぁ一言で言うと

やる気ですね!

嫌な仕事でも

やる気をアピールして下さい!

そして自分で「こうやってみたい」という事を

ぶつけてみて下さい。(ダメかもしれませんが)

とにかく上司はやる気がある部下を好みます!

上司に感謝の言葉を

最後に上司に対して感謝の言葉を

さりげなく言ってみるのも手ですね!

細かい上司は、細かく指示を出す事を

部下の面倒見が良いと思っています。

それを逆手にとって、

いつも分かりやすご指示、ありがとうございます

そんな言葉を投げかけてみて下さい

あいつも分かって来たな!ふっ

なーんて思われて指示が減るかもしれませんよ!

とにかく、感謝の言葉をふとした時に

いってみるのもいいかもしれませんね!

まとめ

今回は細かい上司との付き合い方・対策について書いて参りました

 

細かい上司も限度があります。

あまりにひどすぎた場合は人事に相談して下さい。

自分て何とか解決したいのなら

頑張って細かい上司よりも細かくなるのも

一つの対策ですね!

それにより仕事のスキルはかなりアップするかもしれませんよ!

でも上司の細かさにより精神的に参ってしまう前に

対応を取る事をお勧めします。

最悪転職もアリだと思いますが!

人間関係での転職はあまりお勧めしません。

しかし!

体が一番なのでそれも仕方ありませんね!

それでは今回はこれで以上になります。

ありがとうございました。

この記事を書いたタベタカシと申します。 記事に対しての質問や感想、なんでも結構です。 コメントを残していただければ、24時間以内に返信いたします。気軽に送ってみてください!!   
   

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください