トレンドブログの作り方

トレンドブログのずらし方!具体例を挙げて解説!ずらしのコツ!

どうもこんにちはタナベです。

今回はトレンドブログのタイトルキーワードのずらし方について

具体例を挙げながらずらしのコツをご紹介して参ります。

それでは早速参りましょう!

トレンドブログなぜ『ずらし』がいる?ずらし方とは?

さっそくずらし方について解説して行きたいと思いますが

あなたにとっては当たり前の事が

結果ずらしている事になるかもしれません。

結局ずらしを使う時って大きな話題があった時になる訳です。

検索ボリュームがある時に使うもので

検索ボリュームがそこまでではないのにずらしていたら

アクセスは集まりません。

 

僕はトレンドブログの速報記事を書いていたころ

キーワードの『ずらし』が重要だという事

コンサルタントの方にずっとアドバイスを頂いてきました。

なんせ僕はタイトルのセンスなんて全然なかったので

なかなかその『ずらし』を習得する事が出来ませんでした。

 

だからその時に培った『ずらしのテクニック』

あなたにお伝えしていこうと思います。

トレンドブログはなぜ『ずらし』がいる?

当時まだまだ貧弱だった僕のブログは

『ずらし』を使わないとアクセスを集める事は出来ませんでした。

もし上手くずらす事が出来れば爆発を起こし一気にブログが強くなります。

だからずらす事を考え続けました。

 

トレンドブログを書いている人、誰もが

誰も気が付かないキーワードで

アクセスを独り占めしたいわけですよね。

 

であれば、上手くずらしてタイトルを作る必要があります。

とはいっても魔法のようなキーワードがある訳ではありません!

 

『ずらし』って何から何をずらすの?

そもそも

『ずらし』っていったい何から何をずらすの???

って思いますよね。

ずらすって事は王道から外れるって事です。

例えばファッションなんかで良く使われる

ずらしのテクニックなんて言葉がありますよね!

すべて基本通りではなく少しオリジナルを入れる。

それがウケたりします。

でも素人が

ずらしを間違えるとダサい感じになっちゃいますよね(笑)

 

トレンドブログのタイトルも同じです。

オリジナルな言葉(サジェスト・虫眼鏡に無い新しい言葉)

をキーワードとして使うのですが

オリジナルな言葉といっても

あなたが自由気ままに作るのではありません。

あくまで検索者が検索するであろう、知りたい事を

キーワードをいれてタイトルにするのです。

 

ずらしすぎたり

ずらす方向を誤って自分よがりのタイトルになったりすると

全くアクセスを集める事は出来ません。

それは実際私も経験済みです。

 

ではどうすればいいのか

ペルソナの存在を考えてキーワードを選んでください。

※ペルソナとは・・・架空の人物像

 

例えば!

トレンドの王道である芸能界で話題となる出来事が起こったとします。

あなたはその話題をどう捉えるのか?

まずはあなた自身が知りたい事を記事にするのも良いでしょう。

しかし、あなたの知りたい事がいつも

アクセスを集めらるとも限りません。

またその話題について

あなたが知りたい事を見つけられないかもしれません。

そんな時はどうすればいいのか?

 

例えば主婦どんな目線で見るのか

もしくはサラリーマンは何が知りたいか?

学生はどんな事に興味があるのか?

 

その話題に対してどういった事を知りたくなるか

それを考えてみる事ですね。

とは言ってもなかなか難しいと思います。

 

キーワードのずらし方!ルーティン化!!

ペルソナを考えてタイトルを付ける事は非常に大事ですが

なかなか難しいので

これからずらし方をルーティン化する方法をお教えしますね。

まず、ずらすのは

  • メインキーワード
  • 関連キーワード

この二つです。

例題を挙げてみますね。

『女優AがIT社長Bと再婚!電撃!超スピード婚』というニュースが出たとします。

この時あなたはどんなタイトルで記事を書きますか?

例えば

①女優AがIT社長と再婚!交際半年でゴールイン!・・・・(ライバル多い)

②女優AがIT社長と再婚で馴れ初めは?・・・・(ライバル多い)

上記のタイトルだと王道ですよね。

①はニュース記事そのままなので論外ですね。

②も結婚を関連キーワードに持って来ると

3語目のキーワードを入れてもライバルが多すぎますね。

ではどうずらすのでしょうか?

メインのずらし方

  • 元旦那Cの現在!(元旦那の現在の事が知りたくなる主婦目線)

もしIT社長の名前が出ていたら

  • IT社長Bの会社名は?画像は?年収は?(収入などを知りたいサラリーマン目線)

関連キーワードのずらし方

  • 女優A妊娠してる?出産はいつ?(女優と同世代の女性目線)
  • 女優A挙式はいつ?結婚式場はどこ?(女優と同世代の女性目線)

もしIT社長の名前が伏せられていたら

  • 女優AのIT社長は誰?(誰もが知りたい)
  • 女優AのIT社長の会社名は?場所はどこ?(サラリーマン目線)
  • 女優AのIT社長の画像は?主婦目線)

このタイトルの作り方、全て小倉優子さんの虫眼鏡・サジェスト

少しアレンジして使いました。

そうなんです!

自分で考えなくても、

ずらしのキーワドは既に存在しているって事です。

話題になる事って、繰り返されるものなのです。

そうでなくても人が知りたくなる事ってだいたい決まってます。

相当マニアックな事を予想して書いても

それは少数派で結局アクセスは集まりません。

 

であれば、検索される事が既に分かっているキーワード

を使って、アクセスを集めましょう。

まずは1記事1,000アクセスを目指していきましょう!

5W2Hのずらし方!

引用https://4improvement.one/ja/knowledge/tools-techni…

ただし今までに事例の無いことに関しては

予想していきます。

その時のずらしの基本は

5W2Hです。

  1. いつ
  2. どこで
  3. 何を
  4. どうする、どうした
  5. なぜ
  6. (いくら、いくつ)

これを考えてタイトルを付けてみれば

どんな話題にも対応が取れます。

前例が無い事で関連キーワードが見つからない時は

この5W2Hを意識してみて下さい!

王道は『どこで』だと思うのなら

あなたは『誰』に注目して書いてみるとか

 

王道が『どうした』だったら

『なぜ、理由』について書いてみたりとか

そうやってずらしてみて下さい!

 

ずらしのやり方番外編

次は番外編でずらしましょう。

思いもよらないところでの『ずらし』です。

同義語ずらし(関連キーワードずらし)

 

例えば一般人の女性が話題になった時

(虫眼鏡・サジェストなんて絶対にありません)

その一般の方が凄く容姿が整っていた場合

その女性が

綺麗?かわいい?美人?色々な言葉があります。

例えば、『かわいい』が多そうだと思ったら

『美人』にずらしてみるとか

もしくは全部入れてみるか

日本語的におかしくなるのも良くないので

2つ入れてみるとか

こう言った選択もライバルからのずらしな訳ですね。

 

なんせ、初めて検索される訳ですからね!

一般人や無名なタレントが話題になると

皆さん知らないことだらけで検索し始めます。

 

そこをライバルとは少し視点をずらしてみると

アクセスは集まりますよ。

読み方ずらし(メインキーワードのずらし方)

次に読み方のずらしです。

当て字のタレントがいて

その人が話題になっているとします。

(例えば検索窓で正しい漢字に変換されない人)

そんな時は平仮名で検索しませんか?

だから例えば

(くらん)紅蘭 とかはあえて平仮名も書く

平仮名で検索する人達のアクセスを拾う為です。

結構これでアクセス集まりますよ。

名前ずらし(メインキーワードずらし)

子供や兄弟がデビューした時に使う技です。

例えばKokiさんがデビューしましたが

Kokiという名前が浸透していない時に

メインキーワーを『キムタクの娘』『キムタクの次女』

『工藤静香の娘』などにずらしてみる事も出来ます。

これもずらしですね

こうのような番外編も使ってみて下さい!

 

まとめ

今回はトレンドブログの『ずらし』について

書いて参りました。

トレンドブログを始めたばかりの弱いブログが

検索ボリュームのあるネタで勝負するのなら

『ずらし』のテクニックは必須です!

 

だから、この『ずらし』を上手く使えれば

早く稼ぐ事が出来るって事ですね!

その為にもずらしのルーティンを覚えて下さいね

ブログ運営は正しいやり方をインプットしアウトプットを繰り返して

淡々と作業すれば必ずだれでも稼げるようになります。

是非!一緒に頑張りましょうね!!

それでは最後までお読み頂きありがとうございまいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いたタベタカシと申します。 記事に対しての質問や感想、なんでも結構です。 コメントを残していただければ、24時間以内に返信いたします。気軽に送ってみてください!!   
   

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください